資産価値の観点

マンションか一戸建てかを考えるならば、資産価値の観点からも両者を比較しておいた方がよいかもしれません。 なるべくならば、マイホームを購入して、いつまでもその愛着のある家に住んでいたいものですが、将来何らかの事情によってマイホームを手放すことになるかもしれないのです。

そうなった場合は、かなりの確立で売ることになるかと思われますが、その際にマイホームの資産価値が重要になってくるのです。

ここでは家ではなく、不動産としての見方が重要になってくる部分で、少し背伸びして高めの土地を買っても、将来土地の値段が下がってしまうことも考えられますので、高い土地がそのまま高い土地かはわからないのです。

また、日本は土地が高い国になっていますので、一戸建てを購入する場合は、その土地の代金が大きく購入資金を圧迫してしまいます。 良い土地を買って、残りのお金が少なくなってしまったがために、家のグレードを下げるしかなかった、このような状態になってしいまってはなんともいえない状態なので、スペースをより有効活用できるマンションを選ぶという手段もあります。

スペースの観点から考えると、一戸建てよりもマンションの方がずっと洗練されているのです。

マンションか一戸建てかを考えるならば、このような観点からもしっかりと考えて、自分が納得できる買い物をしたいところです。
あまりに高い土地を買って、今後の生活が苦しくなってしまうのも考えものです。